2011年07月26日

帝国ホテル サービスの真髄 (リュウ・ブックス アステ新書)とは・・・




あなたは、おくゆかしさの

サービスを受けたことがないってことは

なくはないよね?



じつは、

お客様のぶんだけ人生が増えるってことに

気づかせてくれる

この本は、ファースト・クラスです飛行機


追伸

この本によると、

1:心には温度がある

2:声かけ

「楽しく、お過ごしいただけましたでしょうか」

そして、

この声かけで、

お客様の不平や不満を引き出す意味もあるのかもしれませんひらめき

「お客様に感動してもらい、それを自らの感動とすること」


3:無償の部分

ドアマンは、

30分ごとに白手袋を換えているグッド(上向き矢印)

そして、

セッテイング等は、前の夜から4回確認しているムード

また、

ホテルは、体の一部なのかもしれません眼鏡

4:靴磨き

地下1階にある職人のきんちゃん位置情報

そして、

今の生きた情報をお客様に

伝えることかもしれませんグッド(上向き矢印)


まとめると、

竹谷年子さんの賛美かもしれません

客室アテンダンドの彼女の人生

そして、

「おくゆかしさ」の言葉を知らしめたかったのかもしれません雷








posted by 天使のひとりごと at 08:09| 東京 ☁| ホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。