2011年07月25日

リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える瞬間 とは・・・





リッツ・カールトンから学びたい

ホスピタリティの本質を

知りたいあなたへ 雷

まずは、

イメージからどうぞ ぴかぴか(新しい)





ホスピタリーとは、

相手の気持ちに寄り添うことかもしれませんひらめき

そして、

お客様と対話する姿勢のことかもしれません ひらめき

また、

売るのではなく

お客様に買っていただくことかもしれませんひらめき

また、

何のために、この仕事をしているのか?

「常に考える」 ゴルフ

「どうやったら、いい人生を

 お客様もあなたも

 楽しく過ごす時間の高さを上げられるか?」バスケットボール


考えることも人生の裕さのひとつなのかもしれません 遊園地


あ、それでは、

本題に戻りますね ムード


あなたは、平凡な日常で

あれって?

思うことはなくはないよね?



じつは、

感性の高いホスピタリーは、

受けた側が評価するんだってことに

気づかせてくれる

この本は、ファースト・クラスです飛行機


追伸


この本によると、

1:「〇〇様、いらっしゃいませ」

2:「〇〇様、お帰りなさいませ

 無事にお戻りになられて良かったです」

3:「少しお待ちいただいてよろしいでしょうか?」


このような言葉かけもあるでしょうし

そして、

身近な人の記念日を祝ったり

従業員もお客様なさんだって思えば

内部顧客であるならば、

まずは、

積極的に話しかけてみて

お客様の感情を把握することも

場合によっては、必要なことかもしれません 遊園地

4:「グッド・アイデアボード」

5:「心の細胞を元気にするブランド」


まとめると、

ホテルは、人が作り出すサービスであるし

最高のおもてなしをするには、

従業員によって気がつくポイントが

大幅に違うってことがないことが

ブランドなのかもしれません

または、

あんしん感かもしれません黒ハート


天使のひとりごと

天使のひとりごと

では、また〜






あ、そうそう

具体的な例を

いますぐ知りたいなら

このイメージをどうぞるんるん










posted by 天使のひとりごと at 07:49| 東京 ☀| ホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。